今年も宜しくお願い申し上げます

明けましておめでとうございます。

多くの方がもうすでに始動されているかと思います。

あるいは連休があるため、本格始動は9日からという方も意外と多いのかもしれません。

催事で知り合った仲間の作家の方達はさっそく年明けから活発に動かれています。

TAMURAは催事については少しゆっくりめで、3月7日から13日の日本橋三越本店で展開させていただくのが今年初の催事となりそうです。

今年上半期もあといくつか催事の予定が入っており、また確定した時点で順次お伝えしていきたいと考えています。

 

そして、新しい試みとしては「Creema」に出店してみようかなと考えています。

もちろんメリット・デメリットはあるんでしょう。

ただ、今年も今まで以上に考えていかなければならないオリジナル商品の露出という課題があります。

このことを考える場合、Creemaは今やかなりの認知度を獲得している人気サイトのひとつであり、利用することは有効であると考えられます。

もしかしたら、もうすでにピークを過ぎてしまって成熟しきったマーケットになっているのかもしれません。

とはいえ、Creemaサイトに弊社の商品を目当てに訪問したわけではないお客様に見ていただける機会は増えるわけです。

モノが売れなくなりつつある時代ですから、いろんなチャンネルを用意し、いろんな角度からプレゼンテーションをしていかなければなりません。

 

このような仕組みのことをいろいろと考えるのは楽しいことなんですが、静かに作ることに埋没できる日々が今年は訪れるのでしょうか。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

田村光啓

 

R0001467

広告

ありがとうございました

今年もたいへんお世話になりました。

今年をふりかえってみて、いちばん印象的だったことはやはりこれにつきます。

おそらくものすごく恵まれていることだと思うのですが、たくさんの百貨店で催事に立たせていただいたことです。

催事については手探りで始まりましたので、多くの失敗もしてしまい落ち込むこともたくさんでした。

そうした中で嬉しかったこと、反省したこと、勉強になったことといったさまざまなことを得ることができました。

来年からも引き続き、チャンスがあればできる限り催事には立たせていただきたいと思います。

おそらく初めて催事に出た時の緊張や感動やそういった感情は慣れていくことによって、悲しいかなちょっとずつ薄れていってしまうものなのかもしれません。

でもなるべく意識的にいつまでもその初心の心持ちを大事にして臨んでいければと考えています。

そして目標として、早い段階で催事といった場でなく、実店舗という業態でお客様に実際に商品をご覧いただける場を用意できたらなと思います。

製造業の未来はそんなに明るくはないのでしょうが、作りたい!という気持ちはいまだ盛り上がっておりますので、来年も皆さまにとってだけではなく、自分にとっても楽しいものづくりの年でありたいとそう思って今年を締めくくりたいと思います。

良いお年をお迎えください。

 

写真 2017-12-31 19 07 22

あべのハルカス近鉄本店でのPOP UPイベント

先日も触れましたが、あべのハルカス近鉄本店様での期間限定ショップに出店させていただくことになりました。

告知もしていただきましたよ。

日本のものあわせ 期間限定ショップ

11/22(水) – !2/5(火)まで、2Fイベントスペースにて。

今回は2週間の長丁場です。

たいへんかもしれませんが、それだけたくさんのお客様とお会いする時間も増えますので楽しみにしております。

どうぞおはこびください!

 

Mr.ピスタチオ とラウンドファスナー長財布

以前から流通はしていた色なのですが、商品に仕立てるともしかしたらうるさすぎるかなぁと思ってストップしていました。

でもこの色が好きというお客様からのお声も催事などでたくさんいただくようになりました。

また、作り手としてこの色で商品を仕立てるとじっさいのところはどのような感じになるんだろうという誘惑もありました。

11月22日からはあべのハルカス近鉄本店でのPOP UPイベントにも参加させていただきますので、何か目新しいものも用意したいところです。

そういうわけでピスタチオ 氏にご登場願いました。

 

写真 2017-11-03 11 31 31

 

ほんとにキレイな色です。ライムグリーンというか。

そういえばピスタチオもこんな色かなぁと、ピスタチオ色と呼ぶことにしました。

 

長財布が男女関係なく定着してからしばらくたちますが、中でもこのラウンドファスナータイプの長財布がいちばんの人気といってもいいでしょう。

数もかなりたくさんの商品が売り出されていますので、価格も安いものがたくさん出回っているようです。

商品価格を廉価にするためには当たり前ですが、いろいろな工夫(というか妥協)が必要です。

妥協が苦手なそんな私 . . . 、とは言いましても何らかの工夫を凝らさないといけません。

作り手としていちばん工夫ができるのはやはり作業内容や作業工程。

通常、同じ作業をスムーズに進めようとすれば、ゲージや型なんかをそれぞれの職人は工夫することになります。

 

写真 2017-11-04 12 08 33

 

こういったもので、いつも同じ箇所に目印をつけたり、貼り込んだりするのです。

 

では、ラウンドファスナー長財布を作る上で肝は何ぞやといいますと、革にファスナーをきれいに巻いていくことなんです。

これにつきます。

今回のラウンドファスナー長財布を定番商品としてスタートするにあたって木型を作っていただいたのですが、それまでは自作でやっていました。

 

写真 2017-11-04 12 27 18

 

なんだか涙ぐましい努力の跡が見られます。

型の製作は精度が必要ですので、ひとつ作るのにもかなりの神経となかなかの時間と労力を必要とします。

この型でこれからも製品を作れないことはないのですが、素材が紙であったりコルクやEVAであったりしますので、消耗がはげしいのです。

使用していると、ファスナーのムシやスライダー(ムシやスライダーについてはこちらをどうぞ→ファスナーの美学)が型に当たって、だんだんと削れていったり、磨耗したりしてしまいます。

革小物の場合、ミリ単位の狂いは致命的な結果を招いてしまいます。

 

そんな状況に木工の職人の方で、ファスナー貼り付け用の木型を作ってくださるという方が現れたのです!

お世話になっている先輩の職人さんのご紹介だったのですが、もう革業界ではかなり有名になられているようです。

虹紙製作所さん

弊社のラウンドファスナー長財布がきれいにファスナーを巻けているとすれば、それはほぼ虹紙製作所さんのおかげと言っても過言ではありません。

安定して、かつ早くこのラウンドファスナータイプの長財布を作ることができるようになったのはこの木型の存在が大きいのです。

 

写真 2017-11-04 12 04 11

 

木製ですので、紙やコルク製とは違ってはるかに耐久性が増します。

先輩の職人さんなんかは瞬間接着剤なんかを塗って表層をガチガチに仕上げるそうです。

同業者の方で木型で困っていて、虹紙製作所さんをご存知ないという方がいらっしゃっいましたら、ぜひ一度ご相談をお勧めいたします。

そんなこんなで苦労してファスナーを巻いていたのが、この木型によって飛躍的に作業がはかどりますので、これからたくさんいろんな方にご購入いただければと願っております。てへ。

 

そして、あべのハルカス近鉄本店でのPOP UPイベントの次は大丸梅田店でのPOP UPイベントも控えております。

ラウンドファスナー長財布だけでなく、他の商品でもピスタチオ氏に登場してもらいたいと考えています。

お楽しみに。

 

写真 2017-11-04 11 55 15

Pencase試作

福岡・博多での催事も無事に終わり、大阪に帰ってからは大丸心斎橋店でいただいたオーダーや別件のオーダーをこなしつつ、懸案であったペンケースにようやくとりかかることができました。

タイプとして考えていたのはファスナーで開閉し、けっこうな量のペンなどの文房具を収納できるもの。

発表はロールペンケースの方が先になってしまいましたが、それよりずっと前から頭の中にあったものでした。

ただ、実際に手を動かしていく上で、最初に思い描いていた形はできあがってみるとまったく違う形になっていたというのはよくあることですが、今回もまさしくそんな感じでした。

一番最初に考えていたのは、縫製は外縫いでコバを切り目仕上げにしたもの。

さんかくのおにぎりのシェイプを強調したようなものを想像してもらうといいかもしれません。

でもなんとなく思いつきで内縫いにしてみて玉縁を入れてみようと。

出来上がったファーストサンプルがこちらです。

 

写真 2017-09-27 10 17 12 (1)

写真 2017-09-27 10 19 01 (1)

 

写真 2017-09-27 10 20 10 (1)

コバを切り目でシャープに仕上げるよりも、ころんとしたフォルムで愛嬌があっていいかなと思っています。

ここからファスナー窓の位置を少し修正し、玉縁の太さも調整すれば最終形です。

お披露目の場としては、年内最後のイベントとして、11月22日から12月5日までの2週間にわたってあべのハルカス近鉄本店にて開催されるポップアップイベントに参加いたします。

そちらでお見せできるようにするつもりです。

そして、まだ先ですが来年の3月にも文房具関連の企画の話が持ち上がっています。

こちらもこれからいろいろと企画を煮詰めていくのですが、どうやら楽しいにおいがぷんぷん。

どうなりますことやら。

「日本のものあわせ」in 大丸福岡天神店

今回は福岡にやってまいりました。
いよいよ今日から始まる大丸福岡天神店での日本のものあわせ。
九州に来ること自体初めてですので楽しみにしていました。

昨晩、什器を設営していただき、商品の搬入でした。
今回は什器の組み立てが複雑だったみたいで、搬入の開始が遅くなり、23時半近くまで頑張ったのですが残りは今日の開店前に仕上げることとなりました。

展示スペースはすごくいいところに展開されています。
たくさんの九州のお客様に見ていただけたらと思います。

ご一緒する出展者の方々のいずれも個性的で、というか個性しかない、どっと魅力あふれる商品を携えて集まってきてくださっています。

みなさまのお越しを出展者一同心よりお待ちしております。

・「日本のものあわせ」

・2017年8月30日(水)ー 9月5日(火)

・大丸福岡天神店 本館1F アンテナプラス

・OPEN 10:00 〜 CLOSE 20:00

 

 

上方の粋「ええやん」@大丸心斎橋店 〜8月22日まで

8月16日より参加しております大丸心斎橋店での上方粋「ええやん」。

会期の半分を折り返しました。

大阪市営地下鉄心斎橋駅に直結している出入り口付近の絶好の場所に展示会場アンテナUが位置しており、連日たくさんのお客様にお越しいただいています。

会期も残すところ今日を含めてあと3日。

もっともっとたくさんのお客様にご覧になっていただきたいと思います。

お待ちしております!

写真 2017-08-16 0 05 14

密かな広告

とあるパンフレットに広告を載せて欲しいと依頼がありました。

もう配布されましたが、発行部数は少なくて、まず目にすることはありません。

広告の制作はいつもお世話になっているデザイン事務所にお願いしました。

すごくかっこよく制作してくださいました。

せっかくですので、ぜひご覧になっていただければと思います。

Print

Design : sato design Photo : KOYA WORKS

若き匠たちのご紹介

伊勢丹新宿店での催事でご一緒した方々をご紹介したいと思います。

ジャンルは違えど、その技に、そのセンスに嫉妬し、あるいは翻って、なんて自分は未熟なんだ…、と思ってしまうような人たちでした。

当分はもういいやと思うぐらい刺激をいただきました。

 

 

最初は大阪のつばめ堂さん。

オートマタ作家の方です。オートマタとは西洋からくりのことで、日本でいうところのからくり人形にあたります。

からくり人形っていうと、夏休みに遊びに行った田舎のおばあちゃんの古い日本家屋の廊下を真夜中にからくり人形が歩き出す、ってそれだけでジャパニーズ・ホラー映画になってしまうようなのを想像しがちです。

残念ながら(!?)つばめ堂さんはそういうテイストではありません。

かわいくてポップ、そしてキッチュさを散りばめた作品となっています。

そしてなんと、オートマタは独学で学んだそうです。

写真 2017-06-30 10 28 09

写真 2017-06-30 10 28 32

HPのデザインとか催事での展示の仕方がひじょうにセンスが良くってこの人いったい何者なんだ、、と思っていたら元デザイナーの方だったのでした。納得。

伊勢丹新宿店でも9割がた女性の方がご購入で、「きゃーかわいい〜!」という嬌声を聞きながらわたしはお隣で悶々と過ごすことになりました。

8月9日〜15日に大丸心斎橋店での催事に参加されるそうなので、女性にプレゼントをお考えの方はぜひ行かれることをおすすめいたします。

恋が成就するかもしれません。

 

 

つづいては、京都の8175inc.さん。

伊勢丹新宿店ではカラフルな御朱印帳を出品されていました。

勝手なイメージかもしれませんが御朱印帳というと、ごりごりの和テイストのものが多いように見受けられます。

実際、外国の方にはそのような、いかにもデザインの御朱印帳が「ザ・日本」ということで好まれるそうです。

そういうのもいいんですが、わたしはこちらをオススメしたいと思います。

写真 2017-06-30 10 27 34

写真 2017-06-30 10 27 55

御朱印帳は一冊で終わるものではなく続けて増えていくでしょうし、これだけカラフルでかわいいものが揃っていると集める楽しみもでてきます。

御朱印帳と共生地でがま口や袱紗もありました。

伊勢丹では特別に漫画家の安野モヨコさんとコラボした御朱印帳も!

まとめ買いをされているお客様もたくさんいらっしゃいました。

用途も御朱印帳としてだけではなく、フォトアルバムであったり、メニュー帳などとしての可能性を秘めた楽しい御朱印帳です。

 

 

最後は長野のWerkstatt てとひさん。

みなさんはガラスペンってご存知でしたか?

わたしは恥ずかしながらWerkstatt てとひさんの作品を拝見するまでその存在を知りませんでした。

ガラスペンというのはペン先から軸に至るまでガラス製の万年筆ともいえるペンです。

写真 2017-07-03 17 08 41

 

写真 2017-07-03 17 08 56

まず実用性云々というよりもその佇まいの美しさにびっくりです。

そして実際に書いてみて二度びっくり。

ペン先がガラスなのにも関わらず、書き心地がしっくりとやわらかい。

軸の部分は作家のセンスによるんですが、てとひの藤田さんのガラスペンは文句なしです。

近いうちに彼女は大いにブレークすると思われます。

品薄にならないうちにおさえておくなら今のうちかもしれません。

 

 

さて、TAMURAはというと8月に入れば大丸心斎橋店で催事です。

伊勢丹新宿店で発表したミニショルダーの長財布が入るサイズのものを発表予定です。

お楽しみに〜。

写真 2017-07-19 9 31 49

 

 

世界をめぐる段ボールとワンダーランド伊勢丹新宿店

6月28日から始まった新宿伊勢丹店での催事「日本のものあわせ」も先週の7月4日で無事終了いたしました。

たくさんのお客様にお越しいただき、さすが日本一の百貨店の実力を垣間見ることができました。

私が実際に新宿店の店舗に立たせていただいてわかったことは、ただ立地がいいからだとか、昔からのお客様の引き合いがあるからとか、そんなことだけで日本一の売上という結果を出しているわけではないというのがしっかりとした重みをもって感じられたことでした。

いったいどれほどの努力を重ねているのだろうか。

そう考えると恐ろしくなるような売り場でした。

会期中に朝早くまだ開店前の各フロアを見て回ったのですが、ほんとうに素晴らしい。

階によってまったく違った雰囲気でまとめられ、こんな什器に並べてもらえたら商品も幸せだろうなと思うような個性的で、わくわくするような売り場でありました。

まさに小売のワンダーランドです。

また来年もこの場に戻ってきたい!との思いを強くして伊勢丹新宿店での催事を終えました。

 

大阪に帰ってからは大丸札幌店でご注文いただいていた最後の商品を仕上げようやく昨日発送しました。

そして伊勢丹新宿店でいただいたご注文にもさっそくかかっていきます。

7月は催事には参加せず、8月の前半まで製作と仕込みの日々を送ります。

8月16日からは大丸心斎橋店にて、そして8月30日からは大丸福岡天神店での催事に参加します。

 

通えたりする場所はまだマシなのですが、遠隔地での催事につきものの悩みは宿泊施設や交通手段、そして商品の発送、搬入、搬出といったものがあります。

なるべくなら経費は抑えたいものです。

ですから宿泊する施設や交通手段は安いに越したことはありません。

商品の発送についても送料を少なくするために送る商品が少なすぎて早々と売り切れてしまっては売る機会を逃すことになりますし、送りすぎても運賃が無駄になります。

悩ましいところです。

伊勢丹新宿店の時は段ボール箱4箱分でのぞみました。

今までの催事から考えて決めた量でした。

色によっては売り切れた商品も出てしまいましたが程よい量だったのかなと思っています。

そして運送に使う段ボール箱、福岡に発送するにあたって、ちと悩み中なんです。

 

写真 2017-07-06 11 03 39

 

この段ボール箱たちは、まず大阪と銀座を行き来し、そして大阪と札幌を行き来し、今回大阪と新宿を行き来しました。

それなら福岡にも連れて行ってあげるべきではないのか。

段ボール箱代をケチる訳ではなく、ここまできたら彼らに全国津々浦々を見せてあげるべきではないのかという変な責任感みたいなものが芽生えています。

ただ、途中で崩壊してしまわないかどうかが心配なんですが・・・。