二つ折財布 <レグルス> 製作記 その7

IMG_2495

前回書きましたようにいろいろたくさんあったパーツも背表紙(上パーツ)、お札用の仕切り(真ん中パーツ)、内装の3つのパーツに落ち着きました。
で、これらのパーツをお札用の仕切りをサンドイッチするように貼り合わせます。
そうすると、

IMG_2502

という感じで二つ折の財布の形になりました。
これで両サイドをL字型にミシンで縫っていきます。ただここのミシンがけがなかなか緊張する作業なんです。
ここで失敗してしまうと今まで進めてきたパーツ製作がほとんど無駄になってしまうからです。
未熟な頃は失敗することもありその恐怖感は今でも顔を出します。
直線を縫うだけですから難易度もそれほどないようにみえるかもしれません。
コバの端から2.5ミリ〜3ミリあたりを縫っていくのですが、安定した平べったい生地面を縫うのでしたらたしかに難しくありません。ただ、この二つ折財布でいうと薄く漉(す)いた革をミルフィーユのように重ねた箇所(多いところでは10枚以上にもなるところも!)を縫っていかねばなりません。しかも端にいくほどコバの厚みが薄くなるように斜めに漉いているので水平がでていないのです。斜面を縫っていく感じなんですね。ぐらぐらしながら縫うとずるっという感じですべってがくんと針を落としてしまうのです。こわいですよ〜。

というわけですので、デザインのかっこよさもそこなわず、かつ安定的に仕上げられるように設計を腐心したのがこの二つ折財布の小銭入れの形なんです。そら自画自賛もしたくなりますよね。

IMG_2530

なんとか仕上げのL字型のステッチも終わりました。
あとは仕上げですがじつはここからもけっこうたいへんなんです。
おいしいお酒をいただけるようもうひと頑張りです。

広告